スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

すべてがFになる (講談社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

≪感想≫

ドラマ→アニメの順で見た後の原作読了です。

面白かった!ドラマはだいぶ内容が違ったみたいだなと今更ながら思った。

犀川先生が思ったよりお茶目な印象…。笑

 

ミステリって面白いなぁ、とか

哲学的な会話が面白いなぁ、とか

面白いしか言えなくなってしまう。w

語彙が欲しいです。(>_<)

 

全体を通して、スマートな文章を書く人だと思った。

大昔にスカイクロラシリーズを読んだときは難しく感じたので

思っていたよりも読みやすくて良かったです。

 


スポンサーサイト

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM