スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

鼓笛隊の襲来 (集英社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が、勢力を拡大しながら列島に上陸する。直撃を恐れた住民は次々と避難を開始するが、「わたし」は義母とともに自宅で一夜を過ごすことにした。やがて響き始めたのは、心の奥底まで揺らす悪夢のような行進曲で…(『鼓笛隊の襲来』)。ふと紛れ込んだ不条理が、見慣れたはずの日常を鮮やかに塗り変えていく。著者の奇想が冴えわたる、驚異の傑作短編集。

≪感想≫

文庫で購入していて再び読んだ本。

短編集。リアルだけれど普通とは少し違う世界。

「校庭」が怖かったです。「世にも〜」に出てきそうな。

「彼女の痕跡展」が切ない。

「覆面社員」は少し、いいかも、なんて思ってしまった。

悲しいけれど。

 

どれも、結末に意外性があって面白いです。


スポンサーサイト

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM