スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

地球から来た男 (角川文庫) 星新一

 内容(「BOOK」データベースより)
おれは産業スパイとして、ある研究所にもぐりこんだ。だが内部の警戒は厳重で、たちまちパトロールの守衛につかまってしまった。保安部門の責任者は秘密を守るために独断で処罰するという。それは、開発途上で放置されたテレポーテーション装置を使った、地球外への追放だった。気づくと、おれは野原に横たわっていた―。奇妙な運命に翻弄される男達を描いた傑作ショートショート集。

≪目次≫
地球から来た男/夜の迷路/改善/もてなし/ある種の刺激/あと五十日/包み/密会/住む人/はやる店/ゲーム/戦士/来客たち/疑問/向上/ある日を境に/能力/解説 桜庭一樹
 ≪感想≫
星進一を読むのは初めてだったりします。
ショートショート。なので読みやすい。
ブラックユーモア?っていうのか、オチがこわいの多いΣ。
表題作はドラマか何かで見たことある気がする…。
ラスト一行にドキッとした。
「はやる店」が印象に残った。
解説までじっくり読んだ!

他の作品も読んでみたい


***


ランキング参加中
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
クリックでポイント+ほかの方のレビュー読めます

スポンサーサイト

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM