この女 森絵都

評価:
森 絵都
筑摩書房
¥ 1,575
(2011-05-11)

 内容(「BOOK」データベースより)
甲坂礼司、釜ヶ崎で働く青年。二谷結子を主人公に小説を書いてくれと頼まれる。二谷結子、二谷啓太の妻。神戸・三宮のホテルに一人で住み、つかみ所がない女。二谷啓太、チープ・ルネッサンスを標榜するホテルチェーンのオーナー。小説の依頼主。大輔、甲坂礼司に小説書きのバイト話を持ってきた大学生。礼司に神戸の住まいを提供。松ちゃん、釜ヶ崎の名物男。礼司が頼りにし、なにかと相談するおっちゃん。敦、二谷結子の弟。興信所経営。結子のためなら何でもする直情型の気のいい男。震災前夜、神戸と大阪を舞台に繰り広げられる冒険恋愛小説。3年ぶり、著者の新境地を開く渾身の長篇書き下ろし。
 ≪感想≫
久しぶりの森絵都さん新刊!!タイトルから内容が想像出来ない。
”震災前夜、神戸と大阪を舞台に繰り広げられる冒険恋愛小説!”だそうです。
…けど正直その設定にどれだけの意味があるのか疑問に思った。
最初に登場するのは大輔?…

釜ヶ崎で働く甲坂礼司は、二谷結子が主人公の小説を書くよう頼まれる。
二谷結子(=この女)の人生を追うと当時に、大阪の危機や、礼司本人を中心として物語は動き出す。

…あまりに先が読めないので途中退屈した
ニュースでしか見聞きしないようなことがよーく描かれてる。
嫌だな、難しいなと思うけど、興味深く読めたところもあった
p.189「この女は壊れているけれど空っぽではない。
乱れているけれど汚れてはいない。」
登場人物にあまり魅力を感じなかった
私的にはいまいちでした



***


地味に参加してます↓
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

  • 2017/03/27
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/08/28 4:53 PM

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ranking


*ブログお引っ越し⇒ランキング再集計です*
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

videometer

あさぎの最近観たビデオ

bookmeter

あさぎの今読んでる本

***

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM