スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

海に沈んだ町

評価:
三崎 亜記,白石 ちえこ
朝日新聞出版

内容(「BOOK」データベースより)
数千人の人々を乗せて海を漂う“団地船”、永遠に朝が訪れない町、“生態保存”された最後のニュータウン…喪失、絶望、再生―もう一人の“私”が紡いでゆく、滑稽で哀しくて、少しだけ切ない九つの物語。『失われた町』『刻まれない明日』に連なる“町”を、気鋭の写真家との奇跡的なコラボレーションで描く連作短篇集。

≪目次≫
遊園地の幽霊/海に沈んだ町/団地船/四時八分/彼の影/ペア/橋/巣箱/ニュータウン

≪感想≫
三崎さん新刊!!すごく楽しみにしてた夢中で読む。ショートショート。
するする〜っと読めて、あっという間に読了。時間にして約3時間かな。
読みやすくて、面白かった。三崎ワールド全開
「遊園地の幽霊」・・幽霊の影響で遊園地の夢を見る。
「海に沈んだ町」・・タイトル通り。失うということ。
「団地船」・・時代の最先端だった”団地船”の今昔。私と彼女。
「四時八分」・・時が止まったまま、朝が来ない町。
「彼の影」・・影の異変が始まった。影が入れ替わった。どこか滑稽で、どきどきする。この話が一番好き
「ペア」・・ラストが怖い。
「橋」・・不思議な出来事。
「巣箱」・・巣箱をめぐる大騒動。怖い。
「ニュータウン」・・”保護”の名目で監視される人と町の姿。

活字と写真のコラボがぴったりだったと思う。
三崎作品ってわけがわからない(そこが良いんだけど)ところが多くて、想像しきれない部分があるけど、写真のおかげで具体的にイメージ出来た。良かったと思う
好みの本でした


***

地味に参加してます↓
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM