スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

なくしたものたちの国

内容(「BOOK」データベースより)
生きることのよろこびとせつなさ。松尾たいこのイラストから紡ぎだされた、角田光代の書き下ろし小説。

≪もくじ≫
晴れた日のデートと、ゆきちゃんのこと/キスとミケ、それから海のこと/なくした恋と、歩道橋のこと/さようならと、こんにちはのこと/なくしたものたちのこと/あとがき

≪感想≫
タイトルから内容が想像出来ない。どんな話?と思ってた。
Presents的な本かなーと思っていたけど、イメージとは違った。
でも、通ずる部分はあるのかも。
スピリチュアルな感じがする。「なくした恋と、歩道橋のこと」とか。
角田作品は私の琴線に触れるなーーー。でも、こういう本を書くのは意外っていう感じもする。
ゆきちゃんが可愛い。そして表紙。うわわわわ!!←泣きそう。
ふうん、へえ、と最初から読み進めて、ラスト1話でやられた。
いろいろ、考えた。また再読したい


***

地味に参加してます↓
にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM