スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

刻まれない明日

内容(「BOOK」データベースより)
「開発保留地区」―それは十年前、3095人の人間が消え去った場所。街は今でも彼らがいるかのように日々を営んでいる。あの感動から3年―“失われた時”が息づく街を舞台に描く待望の長編。

 短編集かな。長篇だけど短編みたい?
「失われた町」から10年@
恋愛色濃厚。
だったら私は本を読む仕事がしたい!と思った(←
理解する必要はない。受け入れればいい。
それが三崎作品の楽しみ方のような気がする。
「廃墟建築士」とのリンク、「紙ひこうき」が好き。
過去の作品の面影が見え隠れして嬉しい。
悲しみを乗り越えて前に進む姿勢。
想うことで、想いあうことで救われることもあるのかな。

スポンサーサイト

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/11/19 3:47 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/11/19 4:04 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/11/19 3:40 PM

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM