スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018/12/09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

あのとき始まったことのすべて (角川文庫)

中村 航
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 596
(2012-06-22)

内容(「BOOK」データベースより)
社会人3年目、営業マンとして働く僕は、中学時代の同級生、石井さんと10年ぶりに再会した。奈良の東大寺を訪れた修学旅行や、複雑な気持ちを秘めて別れた卒業式。当時の面影を残す彼女を前に、楽しかった思い出が一気に甦る。そして新たに芽生えた思い…。しかし、一夜を共にした僕らに待っていたのは意外な結末だった―。きらきらと輝いていたあの頃を丹念に掬い上げた、切なくて甘酸っぱい最高純度のラブストーリー。
続きを読む >>

トリガール! (角川文庫)

評価:
中村 航
KADOKAWA/角川書店
¥ 562
(2014-06-20)

 

さよなら、手をつなごう (集英社文庫)

≪もくじ≫
幻想画/インターナショナル・ウチュウ・グランプリ/さよならマイルストーン/女子五編-UDON KINGが採譜した五つのメロディ-/さよなら、ミネオ/ぱぐ ぐぐぐ/あとがき

100回泣くこと (小学館文庫) 中村航

内容(「BOOK」データベースより)
実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より大好きだった。四年近く乗っていなかったバイク。彼女と一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に「結婚しよう」と告げる。彼女は、一年間(結婚の)練習をしよう、といってくれた。愛犬も一命を取り留めた。ブックの回復→バイク修理→プロポーズ。幸せの連続線はどこまでも続くんだ、と思っていた。ずっとずっと続くんだと思っていた―。

あのとき始まったことのすべて

 内容(「BOOK」データベースより)
確かなのは、僕らは今を生きるしかないということだ。社会人三年目―中学の同級生との十年ぶりの再会。それが、僕らのせつない恋の始まりだった…。

ぐるぐるまわるすべり台

 内容(「MARC」データベースより)
塾講師の傍ら、僕は教え子ヨシモクの名を騙ってバンドを募集した。ボーカルの中浜に自らの分身を見た瞬間、僕の中で物語が始まった…。「リレキショ」「夏休み」に続く「始まりの」3部作完結篇。

オニロック

 内容紹介
鬼ヶ島からやってきた大木隼人くんは思いました――
僕にはまだ、何が格好いいのか、わかりません。何が優しくて、何が恋しくて、何が強いのか、 自分がトーキョーで何をしたいのか、それも全然わかりません。
だけど僕はわかりたい。わかるには、今までと同じじゃだめなんです。

キュートでハートウォーミングでジンとくるイラスト・ストーリー☆

夏休み

商品画像がHITしないのでリンク・画像は無しです><
文庫じゃなくて単行本で読んでるんだよーなぜHITしない…

 内容(「BOOK」データベースより)
きっかけは吉田くんの家出だった。永遠と一瞬が交差する夏2組の夫婦に転機が訪れた…。

終わりは始まり

評価:
中村 航,フジモト マサル

 内容(「BOOK」データベースより)
2人の知的・詩的・素敵センスが豪華にコラボレーション!かわいくて不思議で面白い、めくるめく27篇。

 


星空放送局

 内容(「BOOK」データベースより)
思いを伝える3つの連作ショート・ストーリー。
続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM